<   2010年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

<施政方針演説>「抑止力」の語句削除…日米同盟めぐり(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 05日 懸賞

 鳩山由紀夫首相が行った29日の施政方針演説で、日米同盟に関して原案に盛り込まれていた「抑止力」の語句が削除されていたことが分かった。25日に首相官邸で開かれた基本政策閣僚委員会で社民党が要求したためで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を巡って駆け引きを繰り広げる民主、社民両党の姿が浮き彫りになった。

 基本政策閣僚委には首相、社民党党首の福島瑞穂消費者担当相、国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相の与党3党党首らが出席した。席上、福島氏が「抑止力」の語句を外すよう要求し、民主党側は「東アジア共同体を日米関係より前にもってきており、(対米配慮から)日米同盟を評価する言葉として外せない」と反論。意見交換のほとんどがこのやり取りに費やされた結果、外すことになった。

【関連ニュース】
野田副財務相:小沢氏進退判断は捜査や参院選の情勢を見て
鳩山首相:官邸に来ませんか…ブログで国民招待
鳩山首相:施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず
鳩山首相:2人目の孫、モスクワで男児誕生
小沢幹事長:「私は潔白です」与党幹部会合で陳謝

消費税率引き上げ、自民・谷垣氏が公約明記に意欲(読売新聞)
<毎日写真コンテスト>東京で表彰式(毎日新聞)
刑事責任なら辞任示唆=民主・小沢氏(時事通信)
地上100m!橋下知事、通天閣で豆まき(読売新聞)
幻想的に「節分万燈籠」 奈良・春日大社(産経新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-02-05 22:53

トキの雌、再び佐渡へ 雄のねぐら近くに飛来 繁殖期待(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 05日 懸賞

 新潟県佐渡市で昨年9月、野生復帰を目指して放鳥された国の特別天然記念物のトキ20羽のうち、今年1月に本州に渡った雌1羽が再び佐渡に戻ってきたことが2日、わかった。飛来した地域近くは繁殖期に入った雄2羽がねぐらにしていることから、繁殖の期待が高まっているが、雌ばかりが本州に渡っており、この雌も再度、本州に飛んでしまう恐れもある。

 確認されたのは、昨年9月に2次放鳥された20羽(1羽は保護ずみ)のうち1月16日に新潟県五泉市に飛来した1歳の雌。30日夕に同市にいるのが目撃されたが、2月2日午後1時半すぎには、佐渡市南部の赤泊地区にいるのが足輪の色などで確認された。ここ数日、北東の風が吹いており、その風にのって約40キロの距離がある海を渡った可能性があるという。

 赤泊地区から約10キロ離れた地域をねぐらにしている2羽の雄は繁殖期を迎えたことを示す黒灰色になっているという。ただ、1次放鳥の雌で昨年3月、本州に渡って佐渡に戻ったが再び本州に渡ってしまった例がある。

 毎日トキを観察している酒川善一さん(64)は「雌がなぜ本州に渡ってしまうのかは謎。落ち着いてカップルになってくれたら」と期待を寄せる。

【関連記事】
トキの生息地分散化を支援 日中共同で環境保全策
トキ夫婦、新居にご満悦? いしかわ動物園に移送
トキ2次放鳥の雌も本州へ 関係者やきもき
本州最後のトキの声 民家で録音テープを発見
来年9月にトキ20羽を放鳥 環境省の専門家会合

大久保被告、虚偽記入への関与一部認める供述(読売新聞)
<子ども手当>11年度満額支給は困難 野田副財務相(毎日新聞)
津波の爪跡生々しく…チリ地震後の写真発見(読売新聞)
普天間移設、最後は国の責任で=岡田外相(時事通信)
珍し過ぎて食べられぬ…兵庫・香住漁港に「リュウグウノツカイ」(産経新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-02-05 00:14

6千万円超不正請求で介護事業者指定取り消し―神奈川(医療介護CBニュース)

懸賞 2010年 02月 03日 懸賞

 神奈川県はこのほど、6000万円超の介護報酬を不正に請求していたなどとして、訪問介護事業所などを運営する「株式会社ミリュー」(川崎市)の介護保険法に基づく事業者の指定を取り消すと発表した。取り消しは2月12日付。

 県保健福祉部福祉監査指導課によると、同社が運営する訪問介護事業所「みらい」は、2005年8月の開設から、監査が入った09年10月までの間、一人の利用者に対して一人の訪問介護員がサービスを提供するとしたケアプラン通りのサービスを提供せず、介護報酬計6217万円を不正に請求し、受領していたという。また、他社の勤務者を自社のサービス提供責任者として常勤専従で配置しているなどと虚偽の申請を行っていたという。


【関連記事】
不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市
不正請求で通所介護事業所指定取り消しへ―東京
介護NPO法人が給付費不正請求で指定取り消し―埼玉
介護報酬の不正請求で指定取り消し−静岡の2法人
不適切な請求での返還19億円減の36億円

東海道新幹線 乗客缶詰めなぜ 「再開遅れる」避難見送り(産経新聞)
民家に4人組強盗、430万奪う 千葉県富里市(産経新聞)
春、駆け足で 国公立大、2次試験の願書受け付け開始(河北新報)
小沢環境相、新エネ割合10%以上に(産経新聞)
【一筆多論】松村雅之 コールドケースを追え(産経新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-02-03 01:32

東海道新幹線、運転見合わせ拡大 上下線とも東京−新大阪間に(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 02日 懸賞

 JR東海によると、29日午後1時50分ごろに発生した停電の影響で、東海道新幹線の運転見合わせ区間が午後4時半現在、上下線とも東京−新大阪間に拡大した。

 同社によると、停電は横浜市神奈川区羽沢町の路線上で架線が切れたことによるもので、復旧には時間がかかる見込み。品川−小田原駅間には、駅と駅の間に上下線あわせて5本が停止している。

【関連記事】
東海道新幹線、停電で一部運転見合わせ 架線切れ、復旧には時間も
JR臨時列車9%減 春の計画、景気低迷響く
新幹線を売り込め 政府が“営業マン”派遣
JR東海、リニア新幹線5年前倒し開業 神奈川〜山梨間 
年末年始JR利用者、落ち込み最大 前年比7%減

稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)
被告が判決で舌打ち・ため息、裁判員「残念」(読売新聞)
<雑記帳>受験生に評判、「落ちない」ペンキで絵馬 静岡(毎日新聞)
<早稲田佐賀中学>初受験に865人挑戦 競争率7.21倍(毎日新聞)
鳥取連続不審死で36歳女、強盗殺人容疑で再逮捕(産経新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-02-02 01:35