東京地検、鹿島会長を参考人聴取(読売新聞)

懸賞 2010年 02月 07日 懸賞

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部が、大手ゼネコン「鹿島」(東京都港区)の会長(75)から参考人として事情聴取していたことが、関係者の話で分かった。

 鹿島の共同企業体(JV)は小沢事務所が受注業者の選定に影響力を持っていたとされる国土交通省発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)の関連工事を受注しており、特捜部は13日、事件の関連先として、鹿島本社を捜索していた。

無銭飲食強盗で無職男を再逮捕 大阪・生野区(産経新聞)
<訃報>新開庸晃さん76歳=TOTO特別顧問、元副社長(毎日新聞)
<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)
<タンク爆発>工場長らを書類送検 安全管理不備容疑 愛知(毎日新聞)
女子中学生2人にわいせつ行為、巡査長逮捕(読売新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-02-07 14:53

<< 小沢氏不起訴=幹事長続投へ−石...   NZ機、離陸中断で急ブレーキ=... >>