NZ機、離陸中断で急ブレーキ=空港一時閉鎖、けが人なし−成田(時事通信)

懸賞 2010年 02月 06日 懸賞

 31日午後7時ごろ、成田発オークランド行きニュージーランド航空90便(ボーイング777−200型機、乗員乗客309人)が離陸途中に急ブレーキをかけ緊急停止、タイヤ付近から煙が上がった。同機は誘導路まで自走し停止したが、点検のためA滑走路が約30分間閉鎖された。けが人はなかった。
 国土交通省成田空港事務所や同空港会社によると、同機は何らかの理由で離陸を中断し、急ブレーキをかけたもようだ。煙が上がったタイヤ付近の熱を冷ますため、消防車16台が出動した。
 成田市消防本部によると、火は出なかったが、主脚のタイヤ12本がすべてパンクした。
 乗客は機内で4時間余り待機させられた後、午後10時40分ごろ、バスで空港ターミナルまで移動した。空港周辺のホテルに宿泊するとみられる。
 この影響で出発便24機に最大32分、到着便10機に同19分の遅れが生じた。同事務所などが、離陸を中断した原因について調査している。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

<タクシー>乗務距離制限の取り消し求め提訴 近畿の5業者(毎日新聞)
<小沢一郎氏>幹事長続投を表明 (毎日新聞)
ナイフで襲い10万円奪う=開店準備の男性軽傷−警視庁(時事通信)
放火実刑判決で控訴、良かったと1裁判員(読売新聞)
<500円タクシー>距離上限廃止を 大阪地裁に業者提訴(毎日新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-02-06 18:07

<< 東京地検、鹿島会長を参考人聴取...   <施政方針演説>「抑止力」の語... >>