5月末決着先送りに言及=「時間をかけて粘って」−仙谷氏(時事通信)

懸賞 2010年 05月 13日 懸賞

 仙谷由人国家戦略担当相は7日夕のBS朝日の番組収録で、米軍普天間飛行場移設問題の決着時期について「5月末でなくても、少々時間をかけても何らかの成案、合意をつくることに粘り抜いてほしい」と述べ、鳩山由紀夫首相は5月末の期限にこだわるべきではないとの考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

高知新聞が「黒潮マンガ大賞」を公募(産経新聞)
富士山 青木ケ原樹海で清掃ツアー ごみトラック2台分(毎日新聞)
谷氏「現役は続行し、ロンドン五輪で金メダル目指す」(産経新聞)
沖縄・奄美地方が梅雨入り(読売新聞)
「電力会社と取引」とウソ 2千万円詐取の元社長ら逮捕  (産経新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-05-13 07:54

<< 本部長なのに…首相「日本は有人...   殺人 34歳女性と5歳長男死亡... >>