原口総務相が勉強会=民主1年生議員向け、政策能力強化へ(時事通信)

懸賞 2010年 03月 04日 懸賞

 原口一博総務相は2日、民主党の主に1年生議員向けに、政策立案能力を強化するための勉強会を発足させた。総務省が所管する「地域主権」「郵政」「情報通信」「行政改革」の4テーマに分かれ週1回開催。現段階で衆参両院の約50人が参加を表明しており、同日は大臣室に橘秀徳衆院議員ら18人が集まった。
 同相は席上、「会の目的は総務省の政策を分かってもらうことだけでなく、1人1人が民主党のスターになって、党を支えてもらいたいということだ」とあいさつ。地域主権をテーマに約1時間議論した。 

【関連ニュース】
ポスト鳩山を狙う"ラグビーボール"原口総務相
参政権、今国会見送りも=「間に合うか分からない」
災害などに特化=特別交付税を見直し
参院岡山に会社員女性=自民県連
鳩山首相「私にも答える権利ある」=町村氏の質問にいら立ち

大津波警報発令=青森から宮城の太平洋沿岸−気象庁(時事通信)
津波対策の拡充検討=農水相(時事通信)
首相動静(3月1日)(時事通信)
「密約」有識者委、半島有事と沖縄の核認定の方向(読売新聞)
「攻めの姿勢」で生む需要 佐賀空港(産経新聞)
[PR]

by nj3rvhiw5x | 2010-03-04 01:01

<< 年金一元化、8日に議論開始=首...   「小沢幹事長は5月辞任」と大胆... >>